癒し ヒーリングルーム愛 


by aireiki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

誤解が6階になり

頑張ったけど 結果が出なかった
頑張ったのに 相手に伝わらなかった、逆に誤解された。

他人が入ると なんか 自分の意図と思わぬ方向に行くことも、、、
それはその人の育った環境などでも受け取り方が違うので 誤解はたたあるかもしれません。
こういう風に言ったのに ああいったように尾ひれがついてつたわっている。
☆さんがいったのに○さんがいったようにつたわっている、 
ほっとけば 人のうわさも75日ですから引っかからないこと。
引っかかったところで 余計に自分が疲れてしまいます。
言えば言うほど 嘘が本当だと思われてしまいます。

ほっとく、神様(宇宙? どんな言葉でもいいです )
は見てるからいいや。位に開き直ってみるのも方法です。
自分が正しかったら 気にしないこと。
人のためじゃなく 自分のために生きるんだから気にしたところで つまらない。
きっと 真実は 神様がわかっているから それでいい、
後でちゃんと宇宙から 御褒美を貰えます。 

吉丸先生の昔のお話会より

「私ね、ずーっとPTAの役しましたよ。「あなたがいい」って言う人がいるんだもの。「なって下さい」って言われるんだもの。「あらそうかしら」と思って、なって、「じゃあもうこれで辞めるか」と思ったら、「いいえ辞めないで下さい。続けて下さい。「もうあなたがいい」「あら、そうかしら」って、そうしたら、いつか陰から「好きねえ」「役員が好きねえ」って。好きじゃなかったのですけれどもね、私すぐ乗せられるたちなのね。
「あらそうかしら、私でいいのかしら。うんやりましょう」って、できないけどやろうというのに、外野席は絶対その人を良く言ってないんです。最後は「好きねえ」って決められてしまう。もう好きでそんなことやっているって。それがもうほんとに日本人には多いんです。だから、これをやめたらね、だいぶ物事は解決します。だから人をそんなに「さあさあさあ」と奥の方にやったならね、上の方の席にやったなら、その人のハシゴを落とすようなことはしないようにしましょう。

そして、何事も遠慮しないで、「できないことはできない」とか、「じゃあ私でいいんでしょうか」とか、「それはあなたじゃなくてこちらの方が良くないでしょうか」とかはっきり言う癖をつけたら、どれほどだけ心の負担が少なくなるか。心の負担が少なくなればストレスが少なくなります。ストレスが少なくなったら、絶対病人が少なくなるんですよ。だから私たちは、遠慮しないではっきりと物を言う癖をつけましょう。それをしたら世の中だいぶ明るくなりますね。だから「遠慮しないで」。
[PR]
by aireiki | 2009-11-07 02:50 | 人生楽しむセミナー